肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【美肌になる運動とは?】肌が綺麗になるおすすめの運動方法

新陳代謝

美肌のための運動、しかし逆効果なる場合があるので注意が必要!

「えっ!?綺麗な肌と健康のために運動しているのに?」

頑張って「ウォーキング」をしたり「ジョギング」をしたり・・・
綺麗になるために、日々努力をしている方も多いと思います。

けれど、美肌を目指して、頑張って努力していたつもりの運動。
その運動が、実はお肌にとって逆効果になってしまうこともあるんです。

美肌になるために、運動時に気をつけておきたい3つの注意点をご紹介します。

美肌のために、運動時に注意してほしい3つのこと

美容と運動
運動で汗をかいたり、基礎代謝を上げることは、美肌にとても良い習慣です。

お肌を綺麗に若返らせたり、ダイエットするためには効果的な手段となります。
しかし、間違った運動方法をしてしまうとお肌に逆効果となっていまうことがあるのも事実。

運動がお肌に逆効果にならないための、3つのポイントを解説していきます。

1.激しい運動は、美肌に逆効果!

美肌に逆効果となる激しい運動
運動で汗をかいて、新陳代謝を上げること。
お肌にとって、とても良いことです。

ただし、注意したいのが「運動の強度」です。
美容の観点から言うと、激しい運動は、お肌に逆効果となります。

  • 息が切れてしまうほど強度の高い運動
  • 翌日、筋肉痛が出てしまうほどの運動

このような、激しい運動は必要ありません。

なぜ逆効果になってしまうのか?
それは、強度の高い運動をすると、体内の活性酸素が増えるためです。

活性酸素とは?
毒性が強く、細胞を老化させる原因となる物質です。
肌の老化を早めてしまう、お肌にとって天敵となる存在。
活性酸素を、体内に作り出してしまう行為は好ましくありません。

お肌に良い効果があるのは、適度な軽い運動
無理に頑張って強度の高い運動をする必要はないんです。
日々の生活の中に、無理せず取り入れるのが効果的ですよ。

ほんの数分の軽い運動でも、しっかりと効果があるんです。
身体が暖まり新陳代謝が促進されます。
お肌の健康にも、体型維持にも、とても良い効果があります。

美容意識の高い女性に人気なのが「ヨガ」ですよね。
けれど、ヨガほど高度な技術がなくても大丈夫!
柔軟体操でも十分なんです。
お風呂上がりに軽く全身を伸ばす習慣だけでも、基礎代謝を上げることができます。

ウォーキングなども、大げさなものではなくて大丈夫!
通勤・通学の際に意識して歩く習慣を取り入れるだけ。
日々の少しの積み重ねが、結果、大きな差を生むんです。

2.運動中の日焼け対策は必須!美肌を守る

運動中の日焼け対策
運動時に、特に気をつけたいのが「日焼け対策」です。

皆さん、美肌や健康のために運動していますよね。
それなのに、紫外線にさらされて肌が日焼けしてしまっては台無しです。
せっかくの努力が、逆効果になってしまいます。

屋外で運動する時の日焼け対策は?
理想的な日焼け止めクリームの塗り直し時間。
それは「1時間に1回」は日焼け止めクリームを塗り直す!です。

運動中は、汗で日焼け止めクリームの効果が落ちてしまいます。
紫外線カットの効果が、想像以上に短時間で無くなってしまっているんです。
こまめにタオルで汗を拭いて、その際に日焼け止めクリームも塗りなおしてください。

日焼け対策を徹底したいという方は、ウェアもこだわってみてはいかがでしょうか。
紫外線防止効果のある運動着がおすすめです。

日中の日差しが強い時に運動する際には、日焼け止めクリームだけでは不十分。
ぜひとも帽子やサングラスをして、運動をする習慣を身につけてください。

3.運動中の乾燥肌を防いで美肌に!

水分補給で乾燥肌を防ぐ
運動中は、肌がとても乾燥しやすい状態となります
たえず体の水分が、汗として外に流れ出て奪われているためです。

体内の水分不足は、肌の乾燥に直結するので注意!
体の水分量を保つには、「汗の管理」と「水分補給」のバランスが大切です。
喉が渇いたなと感じた時には、すでに体は脱水症状を起こしている状態。
喉の渇きではなく、意識的に水分を摂取するようにしてください。

また、肌が乾燥している状態で運動を始めるのは注意が必要です。
運動中は、関節部分など肌が伸びる箇所があります。
乾燥状態だと、伸ばされた肌がダメージを負ってしまうんです

肌ダメージを防ぐには、運動前の保湿クリームがおすすめ。
関節などの、曲げ伸ばしの激しい箇所は保湿ケアをしておくと良いでしょう。

関節部分のシワは、見た目年齢を特に老けさせてしまいます
本人が気づきにくい箇所にも関わらず、他人からは目立つんです。
逆に関節部分にハリがあると、若々しく見えたりしますよね。
運動時の保湿ケアで、関節部分の肌老化はかなり差がでてきます。

顔などの分かりやすい部分だけでなく、細かい部分にまで気を使って保湿をすること大切。
いつまでも若々しさを保つ秘訣です。

美肌になる運動まとめ

新陳代謝
以上、美肌になる運動に関して、肌が綺麗になるおすすめの運動方法をご紹介してきました。
いかがだったでしょうか?

  • 激しい運動は、美肌に逆効果!
  • 運動中の日焼け対策で肌老化を防ぐ
  • 運動中の乾燥肌を防いで美肌に

運動をする習慣は、肌を綺麗にする良い効果があります。
「細かいことは気にせずに、思いっきり身体を動かしたい!」
という気持ちは大変よく分かります。

けれど、毎日頑張ってスキンケアをしてお肌をお手入れされていますよね?
その努力が、運動時の少しの油断で無駄になってしまっては勿体ないです。

「毎日、美白化粧品でお手入れしていたのに、1日で黒い肌に・・・」
こんな残念なことにならないように!

例え運動している最中でも、美肌を目指すのであれば、気をつけたい習慣があるんです。
少しの意識で良いんですよね。

やるとやらないとでは、結果が大きく異なります。
気持ちよく運動して、肌を綺麗にしたいですもんね!

この記事では、美肌と運動に関しての内容をご紹介しました。
綺麗な肌になるためのスキンケアについては『美肌になる方法とは?綺麗な肌の人が習慣にしているスキンケア方法』の記事内で詳しくご紹介しています。

美肌の人ほど実践しているスキンケア方法に興味がある方は、よければ参考にしてみてください。

運動習慣とスキンケア習慣で、美肌を手に入れましょう!

スポンサーリンク

関連記事