キレイにナルをお届けする美容サイト
menu

KIREInaru

【日焼けした肌が戻らない!】美白ケアに必要なオススメ美白化粧水

日焼けした肌戻らない

日焼けした肌が戻らない!美白*ケアに必要な美白化粧水3選をご紹介

  • 日焼けして黒くなってしまった肌が戻らない・・・
  • 日焼けした肌を美白*ケアしたい!オススメの美白化粧水はどれ?
  • 美白*ケアせずに日焼けを放置するとシミになるって本当?

「日焼けには、あれほど気を付けていたのに・・・」

「日焼けしてしまった・・・もう、最悪」

早く肌を美白ケアしないとっ!

黒く焼けた肌を見て、後悔ばかりしてしまいますよね。

日焼けした肌には、しっかりと美白*ケアすることが大切

放置しておくと、黒い肌がいつまでも戻らずに定着してしまいます。

日焼けによってシミとなって残ってしまうこともあるから最悪です。

けれど、いつまでたっても日焼けした肌が戻らないと悩んでいる方も多いのでは?

その原因は「日焼けした肌を美白*ケアするのに、適していない美白化粧水を使用しているから」

間違った、美白化粧水選びをしてしまっているんです。

そこで今回は、日焼けした肌にオススメの美白化粧水の選び方をご紹介しますね。

  • まずは、日焼けした肌を美白ケアするための、美白化粧水選びで大切な3つのポイント
  • 次に、ポイントを満たしたオススメの美白化粧水の紹介

以上のような順番で、ご説明していきます。

日焼けした肌を早く美白*ケアするための、美白化粧水選びの参考にしてください。

※この記事での美白とは、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ。日やけによるシミ・そばかすを防ぐことをいいます。透明感とは、保湿により肌が潤うことをいいます。浸透とは、角質層までのことをいいます。

日焼けした肌が戻らない!美白ケアに必要な美白化粧水選び3つのポイント

日焼けした肌の美白ケア

日焼けして黒くなってしまった肌、早く美白ケアしたいですよね。

夏が終わっても、戻らずに黒い肌のままでは最悪です。

美白ケアをせずに放置していては、メラニンの生成によって、シミやソバカスが残ってしまうことも!?

では、日焼け肌はどのように美白ケアをすればいいのでしょうか?

日焼け肌の美白ケアに大切なのは
「メラニンの生成」をできるだけ早く抑えることです。

肌が黒く濃くなっている原因は、肌内部に大量発生している「メラニン色素」
紫外線が肌に当たって、日焼けしたことで「メラニン色素」は発生します。

この「メラニンの生成」を抑えることが、日焼けした肌に必要な美白ケアになります。

シミやソバカスを防ぐためにも「積極的な美白ケア」が必要なんですね。

しかし、美白ケアといっても、ただ美白化粧水をつけていれば良いワケではありません。

日焼けした肌に合った、美白化粧水を選ぶ必要があります。

これから紹介する3つのポイントを基準にして選んでみてください。

1.メラニンを美白*ケアできる有効成分が、きちんと配合されているか?

美白有効成分

日焼けした肌を美白*ケアするには、「美白成分選び」がもっとも重要です。

「メラニンの生成を抑えることのできる美白成分」について知っておく必要があります。

メラニンを美白*ケアするために、選ぶべき「美白有効成分」があるんです。

メラニンの生成を抑えることのできない成分が含まれている美白化粧品をいくら使っても、美白*ケアは期待できないですもんね。

きとんと「美白有効成分」が配合されている美白化粧水を選んでください。

● 美白有効成分とは?
「メラニンの生成をおさえて、シミ・ソバカスを防ぐ」と、厚生労働省が認可した成分です。
現在の日本では、およそ20種類の成分が認められています。

国に認められた美白有効成分

• ビタミンC誘導体
• アルブチン
• トラネキサム酸
 など

この中で、日焼けした肌の美白*ケアにおすすめなのが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体の効果とは

• メラニンを還元
• メラニンの生成を抑制
• メラニンの排出を促進

この3つの美白効果をあわせ持つのは、美白成分の中でも「ビタミンC誘導体」のみ。

まさに「メラニンの美白*ケアに特化」した美白成分なんですね。

3つの効果て、日焼けした肌を美白*ケアしてくれるわけです。

とくに

• メラニン大量発生による、シミとそばかすを防ぐのに必要なケア

「ビタミンC誘導体」は、日焼けした肌が戻らないとお悩みの方には、ぜひ選んでほしい美白有効成分です。

日焼けの後悔を無かったことにしたいなら、「ビタミンC誘導体」が配合された美白化粧水がおすすめです。

2.日焼けした肌を美白ケアするための保湿ができるか?

美白有効成分

日焼けした肌を、できるだけ早く美白*ケアする近道。

それは「肌への保湿ケア」です。

日焼けした肌は、極度の乾燥状態です。
肌が乾燥していると、美白成分が角層に行き渡りません。

肌への保湿ケアをして、肌が潤った状態になると、美白成分が角層に浸透しやすくなるんですね。

そのため、保湿ケアを強化することで、日焼けした肌を早く美白*ケアすることができます。

日焼けした肌への保湿が大切な理由


• 日焼けして極度の乾燥状態の肌に潤いを与える
• 美白成分の角層への浸透効果を高める

肌が乾燥状態だと「せっかくの美白成分の浸透が上手くいかなくなる」という問題。

乾燥状態の肌は、成分を吸収する力が弱まってしまうからです。

肌をしっかり保湿することで「美白成分の通り道ができます」

水分を蓄えた潤いのある肌の角層には「美白成分が広く、隅々まで浸透」します。

日焼けした肌を美白*ケアするのに大切なポイントが保湿なんです。

日焼けした肌には、美白*ケアはもちろんのこと、保湿ケアもしっかりできること!

これが美白化粧水選びのポイントとなります。

3.持続して美白ケアできる美白化粧水なのか?

日焼けした肌の美白ケア化粧水
日焼けした肌には、継続した美白*ケアが大切です。

短い期間だけ美白化粧水を使っても、美白*ケアの効果はあまり期待できません。

継続して使うことで、日焼けした肌を美白*ケアすることができます。

そして、持続して美白*ケアをしていけば、以前よりも理想とする肌になれるんですね。

そのためには、毎日のスキンケアで使い続けていける美白化粧水を選ぶことが大切。

• 安心して肌に使える美白化粧水
• 値段が高過ぎずリピートできるもの

このような美白化粧水がおすすめです。

日焼け肌には、高級な美白化粧水を短期的に使っても意味がありません。

続けられることが、美白*ケアを成功させる大切なポイントなんですね。

日焼けしてしまった肌だからこそ、着実な美白*ケアをしていきましょう。

日焼けした肌を、美白*ケアするための美白化粧水の選び方まとめ

日焼けした肌の美白化粧水
日焼けした肌を美白*ケアする美白化粧水を選ぶときには

  • メラニンをケアする美白有効成分がちゃんと配合されている
  • 日焼けした肌を美白ケアするための保湿ができる
  • 持続して美白ケアできる美白化粧水

以上、3つのポイントに注目してみてください。

それでは、この3つのポイントを満たしている「オススメの美白化粧水」をランキング形式にしてご紹介します。

日焼けした肌の美白*ケアに!オススメの美白化粧水3選

1位:ディセンシア「サエル」

日焼けした肌の美白化粧水

日焼けした肌の美白*ケアに、まずおすすめしたいのが「サエル」です。

  • 美白有効成分「ビタミンC誘導体」をしっかり配合
  • 高保湿成分「セラミド」で保湿ケアもばっちり
  • 日焼けして敏感になった肌にも使える

日焼けした肌のケアに欠かせない「ビタミンC誘導体」がしっかりと配合されていますね。
しみやそばかすの原因となるメラニンを還元できる美白成分です。

配合されている保湿成分は、浸透力が高いことで知られる「セラミド」
日焼けして極度の乾燥状態になっている肌への保湿もできますね。

日焼けした肌を美白*ケアするための、肌作りがきちんとできる美白化粧水です。

日焼けした肌でも攻めの美白*ケアができる!
一般に販売されている美白化粧水には、刺激が強い成分が含まれていることがあります。
そのため、日焼けして弱っている肌につけるのが心配。
サエルは敏感肌専門に開発された美白化粧水です。
肌に刺激がないよう成分が厳選されているんですね。
日焼けした肌にも使えて、思いっきり美白*ケアできる優れものです。

「日焼け肌を美白*ケアしながら、透明感*のある肌にしたい!」という方にぴったりですね。

サエル公式サイトを見てみる

2位:ビーグレン「ホワイトセット」

bglen

次のおすすめは、浸透力を徹底追及した美白化粧水になります。

  • 美白成分「ハイドロキノン」を配合
  • 角層に美白成分をしっかり届ける浸透技術

「ハイドロキノン」は、皮膚科や美容クリニックのシミ治療で処方される美白成分です。

「肌の漂白剤」なんて呼ばれるほど、話題の成分なんですね。

ビーグレンの特徴
それは、成分の浸透技術がとにかく凄い!

世界特許を得た、独自の浸透テクノロジーをもっています。

高度な技術を、化粧水に応用しているんですね。
いくら有効な美白成分でも、届かなければ意味がありませんから。

日焼けした肌の角層は乾燥していて、成分が浸透しにくい状態。
ビーグレンの浸透力なら日焼けした乾燥肌の角層にもしっかり行き渡ります。

日焼けしてしまった肌を早く美白*ケアしたい!
日焼けによって、大量発生してしまっているメラニンのケアに向けて開発された美白セットです。

「日焼けして元に戻らない肌を、早急に美白*ケアしたい」という方に適しています。

ビーグレン公式サイトを見てみる

3位:ファンケル「無添加ホワイトニング」

fanclwhite

日焼けで弱った肌には、無添加化の美白化粧水もオススメ!

  • 日焼け肌に優しい無添加の美白化粧水
  • アクティブビタミンCが居座りジミをケア

日焼けした肌が、なかなか元に戻らない原因は、メラニンが居座っているため。

「居座りジミ」をケアしてくれるのが「アクティブビタミンC」です。

無添加でお肌に優しいのも、日焼けした肌には嬉しいですね。
美白を邪魔する添加物が入っていない優れもの。

日焼けした肌が回復しようとする力をサポート
肌は元々、自らを回復させる力を持っています。
それを邪魔してしまうのが、防腐剤などの添加物による肌へのストレスなんですね。
無添加にすることで、「肌力」をケアすることができる美白化粧水です。

「肌本来の力をサポートしながら美白*ケアをしたい!」そんな方におすすめです。

無添加ホワイトニング公式サイトを見てみる

まとめ:日焼けした肌が戻らない!

美白化粧品選び方

日焼けした肌の美白ケアのための、美白化粧水についてご紹介してきました。
いかがだったでしょうか。

おさらいになりますが

日焼けした肌の美白*ケアに適した、美白化粧水選び3つのポイント

  • メラニンをケアする美白有効成分がちゃんと配合されている
  • 日焼けした肌を美白ケアするための保湿ができる
  • 持続して美白ケアできる美白化粧水

以上、3つのポイントに注目してみてください。

日焼けてしまった肌をみて、諦めてしまうのはもったいないです。

美白化粧水を上手に使って、毎日のスキンケアに取りれれば、透明感*のある肌になるのも可能なんですから。

シミやそばかすになってしまう前に、なるべく早く美白*ケアをしたいですよね。
そのためには、日焼けした肌をきちんと美白*ケアをしてくれる美白化粧水を選んでください。

注意していただきたいのが、いきなり本商品を買って化粧水を切り替えないことです。

日焼けした肌はとても弱っています。
美白化粧水は、実際に肌につけてみるまで、肌質に合うかどうか判断できません。

日焼け肌を悪化させないためにも、できれば「トライアルセットで試してみる」ことをおすすめします。

今回ご紹介した美白化粧水のトライアルセット情報をまとめておきますね。

1位:ディセンシア「サエル」のトライアルセット情報を見てみる

2位:ビーグレン「ホワイトセット」のトライアルセット情報を見てみる

3位:ファンケル「無添加ホワイトニング」のトライアルセット情報を見てみる

美白化粧水を上手に使って、日焼け肌を早くリセットしたいですね。

正しい美白*ケアで、日焼けしてしまった肌を透明感*のある美肌にしていきましょう!

● あわせて読みたい
美白化粧水は「効果あり」で選ぶ!【人気のおすすめ美白化粧水まとめ】

※この記事での美白とは、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ。日やけによるシミ・そばかすを防ぐことをいいます。透明感とは、保湿により肌が潤うことをいいます。浸透とは、角質層までのことをいいます。

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール

えりか

✿ 会員制の女性専用エステサロンを経営しています。 長年、美容業界に携わってきた経験と知識を活かして、美容コンサルタントとしても活動中。 ブログで美容情報を発信しています。

> プロフィール
> プライバシーポリシー
> お問い合わせ