キレイにナルをお届けする美容サイト
menu

KIREInaru

【ブラックヘッド角栓の取り方】黒ずみ毛穴をケアしてすっきり除去!

肌のくすみ原因を改善

ブラックヘッド角栓の取り方「3つのステップ」

黒ずみ毛穴「ブラックヘッド角栓がすごく目立つのが気になって仕方ありません。前にも増して黒ずみ毛穴が悪化しているようでショックです。なにかブラックヘッド角栓をケアする良い方法はありませんか?」

このような、黒ずみ毛穴の悩みにお答えします。

  • 本記事の内容
  • ブラックヘッド角栓の原因とは?
  • ブラックヘッド角栓をケアする3つのスッテプ
  • 油脂クレンジングオイルを使ったブラックヘッド角栓の取り方

ブラックヘッド角栓って、とても気になりますよね。

いわゆる「いちご鼻」
黒い毛穴のブツブツは、特に目立ってしまうので悩みは深刻です。

ブラックヘッド角栓を除去しようと、毛穴ケアを色々と試してもなかなか改善でないんですよね。

そこで今回は、ずっと悩まされているブラックヘッド角栓をケアする方法をご紹介していきます。

この記事に書いている「黒ずみ毛穴ケア」を実行すれば、きっとあなた黒ずみ毛穴も改善できるはずです。

もうブツブツ黒ずみ毛穴に悩まされないツルツル肌を手に入れて、メイクやオシャレを楽しんじゃいましょう!

ブラックヘッド角栓の原因とは?

ブラックヘッド角栓の原因

ブラックヘッド角栓の原因は「皮脂汚れ」と「古くなった角質」です。

この2つが毛穴の中で固まって「角栓」となります。

ギュっと固くなった「角栓」は、毛穴の中で完全に詰まってしまいます。

すると酸化が始まり、黒くなっていくんですね。

金属が古くなると、錆びて黒ずんでしまうのと一緒。

これが「ブラックヘッド角栓」になってしまう仕組になります。

まとめると「角栓」が固くなり、酸化して黒くなったものが「ブラックヘッド角栓」というわけです。

ブラックヘッド角栓をケアする3つのスッテプ

ブラックヘッド角栓をケア

ブラックヘッド角栓は、非常に目立つので厄介!

早急に除去したいですよね。

そのためには3つのステップご紹介!

ブラックヘッド角栓をケアする3ステップ

  • 黒ずみ毛穴ケア専用の洗顔に変える
  • 毛穴シートパックをやめる
  • クレンジングオイルを活用した「黒ずみ毛穴撃退テクニック」

では、黒ずみ毛穴を治す方法を詳しく解説していきます。

ステップ1.ブラックヘッド角栓をケアできる洗顔に変える

黒ずみ毛穴洗顔

ブラックヘッド角栓は、普通の洗顔料ではケアが難しいんですね。

その理由は、ブラックヘッド角栓は肌表面の単純な汚れではないからです。

ブラックヘッド角栓の原因は、固くなって完全に毛穴に詰まった角栓でしたよね。

普通の洗顔料は、肌表面の皮脂汚れを落とすことが目的で開発されています。
そのため、毛穴にガッチリと詰まった黒ずみにアプローチできないんです。

まずは、毛穴ケア専用に開発された洗顔料に切り替えること。
それが、黒ずみ毛穴を治す第一歩となります。

2.毛穴シートパックによるブラックヘッド角栓の除去をやめる

毛穴シートパックをやめる
ブラックヘッド角栓を除去するために「毛穴シートパック」を使っている方が多いですよね。

毛穴からブラックヘッド角栓がゴッソリと引っこ抜けて、それはそれは気持ちがいい!
つい、くせになってしまう気持ちは大変良くわかります。

しかしブラックヘッド角栓をケアしたいのであれば「毛穴シートパック」の使用はしない方が良いんです。

その理由は「毛穴が広がってしまう」から。

固く詰まった角栓を、強引に引っこ抜くわけです。
その過程で、毛穴が広がってしまうんですね。

つまり「毛穴シートパック」をすればするほど、毛穴が広がってブラックヘッド角栓の原因となる角栓ができやすくなってしまう。

広がった毛穴につまる黒ずみは、前にも増して大きなものとなってしまいます。

余計に目立つ黒ずみ毛穴を大量に増やしてしまう最悪の結果となってしまうんです。

この悪循環にハマってしまっている方は実に多いです。

毛穴シートパックをした直後の爽快感は癖になりがちなので、ぜひ気をつけましょう。

3.油脂クレンジングオイルでブラックヘッド角栓を除去

油脂クレンジングオイルで黒ずみ毛穴を治す

ここからが本番。

具体的な黒ずみ毛穴を治す方法を解説します!

ブラックヘッド角栓は、強引に引っこ抜くことを考えがちです。

しかし、ブラックヘッド角栓を除去するのに理想的なのは

「固くなった角栓を柔らかくして溶かす」

この取り方が、ブラックヘッド角栓の根本的なケアになります。

そこで、固くなった角栓を柔らかくするため「角栓を柔軟にする作用」のあるアイテムを使う必要があります。

おすすめなのが「クレンジングオイル」です。

クレンジングオイルの中でも「油脂クレンジングオイル」を使ってください。

● 油脂クレンジングオイルを使う理由
油脂には毛穴の中で「固まった角質」を柔軟にする効果あります。

つまり、毛穴に固く詰まった「ブラックヘッド角栓」を、油脂クレンジングが柔らかくして取りやすくしてくれるわけです。

油脂クレンジングオイルを使った、ブラックヘッド角栓の取り方

化粧水の適量

メイクを完全にオフにしたお風呂上がりがおすすめです。

①ブラックヘッド角栓が気になる部分に、油脂クレンジングオイルを塗ります。

手の温度で軽く温めてから、優しく撫でるように塗ってください。
強くマッサージをする必要はありません。
油脂クレンジングが毛穴の中の角栓を溶かしていきます。

②油脂クレンジングオイルを塗りながら角栓を取り除く

黒ずみ毛穴が溜まりに溜まった方だと、油脂クレンジングオイルを塗っている段階で「毛穴の皮脂汚れがプツプツと浮き出てきます」
浮き出てきた皮脂汚れは、綿棒を使って優しく取り除いてください。
強引に角栓を押し出すのはNGですよ!

③油脂クレンジングオイルを塗り終えたらしばらく放置

固くなった角栓を柔らかくするために5分ほど放置します。

④ぬるま湯で油脂クレンジングオイルを落とします

冷水ではなくぬるま湯で、優しく油脂クレンジングオイルを流してください。

④毛穴ケア専用の洗顔料で泡洗顔をする

毛穴用に特化した洗顔料のモコモコ泡で、優しく洗ってください。

⑤冷やした化粧水でしっかり保湿して完了

黒ずみを落としたら終了ではありません。
毛穴ケアの仕上げはしっかり保湿。
冷蔵庫で冷やした化粧水を使うと、広がった毛穴をキュっと引き締める効果があります。
コットンパックするのがおすすめの方法。
冷やした化粧水をたっぷりコットンに染み込ませて、毛穴した場所に貼り付けて完了です。

以上が、油脂クレンジングオイルを使ったブラックヘッド角栓の取り方です。
黒ずみ毛穴の症状が軽い方の場合は、すぐに効果を実感できるでしょう。

ブラックヘッド角栓の除去は、根本からケアする考え方が大切

ブラックヘッド角栓
今回ご紹介した油脂クレンジングによるブラックヘッド角栓の取り方ですが

毛穴シートパックを使った角栓取りのような即効性は無いかもしれません。

正直、少し時間はかかります。

けれど、理想的なのは黒ずみ毛穴を根本的に治していく方法です。

強引に角栓を引っこ抜くのは、一時的な対処法でしかありません。

しかも、毛穴を広げて、余計にブラックヘッド角栓を悪化させてしまうことになります。

コツコツと継続して、ツルツルのお肌を手に入れましょう。

油脂クレンジングオイルを塗って流すだけのケアは、肌に負担が少ないケアです。

頻度として毎日行っても問題ありません。

ブラックヘッド角栓の取り方まとめ

ブラックヘッド角栓の取り方
以上、ブラックヘッド角栓の取り方について、黒ずみ毛穴をケアしてすっきり除去する方法をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • ブラックヘッド角栓がケアできる洗顔に変える
  • 毛穴シートパックによるブラックヘッド角栓の除去をやめる
  • 油脂クレンジングオイルでブラックヘッド角栓をケアする

ブラックヘッド角栓に悩んでいる方が多い理由。

それは、継続してコツコツとブラックヘッド角栓のケアが出来ていなかったからです。

気になった時に、毛穴シートパックなどの対処法で一時しのぎをしてしまう。

その結果、よけいに黒ずみ毛穴ができやすい肌を作ってしまう。

この悪循環にハマってしまっていたんですね。

大切なことは、ブラックヘッド角栓を作らない肌作りの習慣を身につけること。

今回ご紹介した、油脂クレンジングオイルを使った方法を試してみてください。

徐々にブラックヘッド角栓がケアできて、角栓詰まりに悩まされないお肌になっていけることでしょう。

ブツブツの黒ずみ毛穴に悩まされない、ツルッツルのお肌を手に入れて、オシャレやメイクを思いっきり楽しみましょう!

  • 角栓毛穴ケアの関連記事

ボツボツ毛穴を効率的にケアする3つの方法と、目立つ毛穴開きに必要な「化粧品選び」で大切なポイントが知りたいのなら
【毛穴の開きを治すには?】毛穴開きの原因を改善する3つの方法

● あわせて読みたい
毛穴の悩みをスッキリなくす!【毛穴ケアおすすめ改善方法まとめ】

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール

えりか

✿ 会員制の女性専用エステサロンを経営しています。 長年、美容業界に携わってきた経験と知識を活かして、美容コンサルタントとしても活動中。 ブログで美容情報を発信しています。

> プロフィール
> プライバシーポリシー
> お問い合わせ