肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【冬の乾燥肌の治し方とは?】肌の乾燥がひどい方のための乾燥対策

顔の乾燥保湿対策

冬の乾燥肌「3つの治し方」とは?

冬の乾燥肌の治し方「乾燥肌で悩んでいて、冬は特にひどい状態で毎年肌がカサカサになります。乾燥肌対策はいくつも試してきましたが、なかなか改善されません。なにか良い乾燥肌の治し方はありませんか?」

このような、冬の乾燥肌の悩みにお答えます。

  • 本記事の内容
  • 冬の肌の乾燥がひどくなってしまう原因とは?
  • 冬の乾燥肌を治すためには肌をどのようにスキンケアすれば良いのか?具体的な3つのケア方法をご紹介
  • 冬の乾燥肌を治すための化粧水の選び方3つのポイントとは?

冬の乾燥肌って、とてもツライですよね。

かゆいし、ひどくなると肌荒れでヒリヒリして憂鬱になります。

肌はカサカサになって、化粧ノリも最悪です。

何とか乾燥肌を治そうとしても、 空気が乾燥する冬の季節はうまくいかないんですよね。

乾燥する季節なんですから、徹底した乾燥肌対策が必要になるんです。

この記事で紹介している「乾燥肌の治し方」を実践していけば、あなたも効果を実感できるはずです。

もうツライ乾燥肌に悩まされない潤った綺麗な肌を手に入れて

イベントの多い冬の季節なんですから、メイクやお洒落をたくさん楽しんじゃいましょう!

冬の肌の乾燥がひどくなってしまう原因とは?

冬の乾燥肌の原因

スキンケアをしてるのにすぐにカサついてしまう、ヒリヒリしたり痒くなったり赤みが生じたりするなどの冬の乾燥肌に悩まされているという人は多いのではないでしょうか。冬に肌の乾燥がひどくなってしまう原因は、気温や湿度の低下や暖房の使用などにより空気が乾燥していることにあります。加齢によるセラミドやヒアルロン酸やコラーゲンやエラスチンの減少やスキンケア不足や紫外線や摩擦などによる外的な刺激や代謝不足や血行不良なども冬の肌の乾燥に拍車をかけてしまう原因となりますので気をつけなければなりません。肌が乾燥すると角質のバリア機能が衰えて肌細胞の再生リズムやターンオーバーに乱れが生じてしまい、口元のほうれい線や目元や額や眉間のシワやたるみ毛穴やくすみやシミやニキビや吹き出物やごわつきやざらつきやキメの粗さなど、様々な肌トラブルを引き起こします。加齢に伴い冬の肌の乾燥はどんどんひどくなり悩みもどんどん根深くなっていきますので、早めの対策が必要です。

冬の乾燥肌の治し方「3つのスキンケア方法」

冬の乾燥肌をスキンケアによる治し方

冬の乾燥肌を治すための具体的なスキンケアの方法

  • 厳選した保湿成分を徹底的に補う
  • 肌への保湿に特化したスキンケアにシフトする
  • 血行を促進させて内側から乾燥対策

という3つがあります。

それでは、それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

1.厳選した保湿成分を徹底的に補う

肌の潤いをアップさせるために加齢により不足しがちなヒアルロン酸やエラスチンやセラミドなコラーゲンを基礎化粧品やサプリメントで補う

肌の潤いや弾力やハリを維持するために必要なコラーゲンなどの成分は年齢を重ねるとだんだん減っていきますので、不足した分は基礎化粧品による外側からのアプローチやサプリメントの摂取による内側からのアプローチで補うのが効果的です。アンチエイジングを意識した対策が乾燥肌対策にもつながります。

2.肌への保湿に特化したスキンケアにシフトする

保湿に特化したスキンケア方法にシフトして、角質のバリア機能を高めてターンオーバーや肌細胞の再生リズムを正常化させる

肌細胞の再生リズムやターンオーバーを正常化させて乾燥を始めとする肌トラブルのない健やかな美肌に導くためには、徹底的に保湿ケアを行って角質のバリア機能の衰えを改善させることが重要なポイントとなります。保湿に特化したスキンケアを実現させてとにかく肌にたっぷりと潤いをチャージしましょう。保湿効果をアップさせるためには、ピーリングやパックなどで角質ケアをしたりブースターを使用したりなどの工程をスキンケアにプラスするのがおすすめです。角質を健やかな状態に整えることで保湿力の底上げになります。洗顔後すぐにブースターを使用して角質を滑らかで柔らかい状態にしておくと、その後に使用する化粧水の浸透力を格段にアップさせることが出来ます。ブースターを使用するのとしないのとでは化粧水の浸透力に大きな差が生じます。ブースターをスキンケアにプラスすれば化粧水が角質層の奥の方までグングン行き渡り、それが保湿力のアップに結び付きます。

3.血行を促進させて内側から乾燥対策

マッサージを施したり美顔器を使用したりして血行を促進させる

マッサージや美顔器によるアプローチも冬の乾燥肌対策には有効です。冬は代謝が低下して血行不良に陥りがちですので、リンパマッサージやタッピング機能が搭載されている美顔器で血行を促進させましょう。リンパマッサージをする際は、専用のクリームやオイルを用いて行うのがベストです。何も塗らずにマッサージすると摩擦が生じて肌ダメージとなりシミやくすみの原因になってしまいますので注意が必要です。日頃からしっかりと紫外線対策を行ったり加湿器を用いて空気の乾燥を防いだりすることも大切です。春から秋にかけて浴びた紫外線が冬の乾燥肌に原因になってしまいますので、日傘や日焼け止めやUVケア効果のある化粧品による紫外線対策は年間を通して行うことが大切です。3月頃から紫外線はどんどん増え始めて10月頃までは紫外線が強い状態が続きますので、油断せずにきちんと対策を行って紫外線から肌を守ることが冬の乾燥肌の予防にもつながります。屋内で暖房を使用していると肌の水分がどんどん失われていきますので、加湿器で湿度の調節をしたりハンディミストを持ち歩いたりして肌が乾燥しないような工夫をすることも必要です。

冬の乾燥肌を治すための化粧水の選び方3つのポイントとは?

冬の乾燥肌化粧水

冬の乾燥肌を治すための化粧水の選び方のポイント

  • 保湿成分の「含有量が多く、濃度が高い」
  • 肌の奥までしっかり浸透できる
  • 継続して保湿ケアができる

これらの3つをしっかりと押さえて化粧水選びをしましょう。

それでは、それぞれのポイントを詳しく解説していきますね。

1.保湿成分の「含有量が多く、濃度が高い」ことがポイント

保湿成分が贅沢にたっぷりと高濃度で配合されていて冬の乾燥肌に強力にアプローチすることができる化粧水を選ぶ!

とくに着目すべきなのが配合されている保湿成分の含有量の多さや濃度の高さです。贅沢に豊富に保湿成分が配合されている化粧水を選ぶことが保湿力の高さに直結しますので、化粧水を比較する際は成分表示をきちんとチェックしておく必要があります。乾燥肌に有効な保湿成分がたっぷりと配合されていてもそれを肌にしっかりと作用せることが出来なければ元も子もありません。

2.肌の奥までしっかり浸透できることがポイント

ナノ化などの技術で保湿成分の分子を小さくして角質層の奥深くまでしっかりと行き渡るような工夫がなされている化粧水を選ぶ!

そこで重要になってくるのが浸透力の高さです。保湿成分が低分子化されている浸透力の高い化粧水を選んで使用することで、潤いを角質層の奥の方までしっかりと行き渡らせることが出来るようになります。それが潤いキープ力の高さにつながり、ひいては保湿力の底上げにつながります。乾燥肌だけではなく年齢肌の悩みも抱えている人は浸透力の高さにはこだわるべきです。年齢を重ねた肌はなかなか化粧水が浸透していかないという厄介な問題が生じます。せっかく保湿成分やエイジングケア成分が豊富に配合されている化粧水でも浸透していかないと意味がありませんので、保湿力だけではなく浸透力の高さにも着目することが大事です。

3.継続して保湿ケアができることがポイント

自分の肌質や年齢やライフスタイルや乾燥肌の悩みやスキンケア方法にぴったり合っている化粧水を選ぶ!

自分の肌にぴったり合っているかどうかも比較して選ぶ際の重要なポイントとなります。肌馴染みや使用感やテクスチャーや香り、ブースターや美容液や乳液やクリームや化粧下地などの他の基礎化粧品との相性の良さ、容器や容量や1回分の使用量や価格やコストパフォーマンスの高さや買いやすさや続けやすさなどにも着目して比較することが大切です。化粧水は即効性が得られるものではありません。長く使い続けることで効果を実感することが出来るものですので、物理的にも経済的にも無理が生じない化粧水を選ぶということも重要なポイントとなります。冬の乾燥肌を治すのに最適な化粧水は様々なメーカーやブランドから販売されていますので、それぞれをしっかりと比較して選ぶことが大切です。口コミやランキングなどを参考にして比較するのも良い方法です。ランキングをチェックすれば人気の売れ筋商品が一目でわかりますし、口コミはリアルな情報が得られるのでとても参考になります。効果のあらわれ方や使い心地などの実際に使ったことがある人にしかわからないような情報も得られます。乾燥肌は放置してしまうとどんどん症状が悪化していきますので、最適なスキンケア方法と化粧水選びを実現させて潤いに満ちた理想の肌を手に入れましょう。

冬の乾燥肌の治し方まとめ

冬の乾燥肌の治し方
以上、冬の乾燥肌の治し方について、肌の乾燥がひどい方のための乾燥対策をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • 厳選した保湿成分を徹底的に補う
  • 肌への保湿に特化したスキンケアにシフトする
  • 血行を促進させて内側から乾燥対策

冬の乾燥肌に毎年悩まされてしまう理由。

それは、乾燥肌の原因を治せる効果的なケアがきちんと出来ていなかったからです。

「乾燥肌は生まれつきだから無理」

「何をやってもひどい乾燥肌は治らない」

なんて、諦めてしまうことはないんですね。

お肌というのは、毎日新しく生まれ変わっています。

しっかりとケアをしてあげることで、乾燥に負けない健康的な肌作りはできるんです。

冬の乾燥する季節に肌が潤っていると、ひときわ美肌に見えます。

カサカサ乾燥肌に悩まされない、プルプルの潤い肌になって、冬のイベントやメイクを思いっきり楽しみましょう!

スポンサーリンク