肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【日焼け止めSPF50は肌に悪い?】毎日使えるおすすめのSPFはコレ

日焼けしない

日焼け止め「SPF50」は肌に悪いのは本当?

  • 日焼け止めSPF50だと肌への負担が大きいんでしょ?
  • 毎日SPF50の日焼け止めを使う必要はあるの?
  • SPF50だと肌荒れして困る・・おすすめの日焼け止めは?

白く綺麗な肌を手に入れるためには、日焼け止めは欠かせません。

シミや肌老化の原因となる紫外線は、美肌の大敵!

紫外線対策は、最も重要なスキンケアの一つです。

そこで悩むのが「日焼け止め選び」ですよね。

皆さんはどういった基準で「日焼け止め」を選んでいますか?

多くの方が「SPF」の数値を気にされていると思います。

SPF50の日焼け止めだと、安心感がありますもんね。

けれど、心配なことが一つ。

日焼け止めSPF50は肌に悪い!?という疑問。

今回は、そんな日焼け止めSPF50の疑問を解消して、安心して正しく紫外線対策ができるように。

日焼け止めSPF50とお肌の関係について解説していきましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めSPF50は、肌に悪いのか?

SPF50の肌への負担
日焼け止めが「肌に悪い影響与える」と気にされている方も多いと思います。

「SPF50は負担がかかって、肌に悪い」といったことをよく耳にするせいかもしれません。

たしかに「SPF値が高くなるほど、肌への負担は大きくなる」傾向があります。

肌に悪い理由は、日焼け止めに含まれている2つの成分

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤

この2つの成分の働きで、紫外線を防げるわけですが、肌への悪い負担があるのも事実。

「紫外線吸収剤」が、肌荒れや乾燥の原因となることもあります。

「肌への悪い負担を減らしたいけど、日焼け止め対策もきちんとしたい!」

どちらを優先すべきか迷ってしまいますよね。

そこで「肌への負担」と「日焼け止め対策」といった2つの問題を解決するために大切になってくるのが「SPF50の必要性」です。

毎日使えるおすすめの、日焼け止めSPFとは?

SPF50の必要性
肌への負担を考えれば

SPFが高ければ、高いほど良いワケではありませんよね。

知っておくべきことは

「SPFの必要性」です。

毎日の生活の中で、必要となるSPFの値は違います。

必要とされるSPFの目安

  • 日常生活:SPF20
  • 屋外での活動が活発な日:SPF30
  • 晴天下のスポーツ・海水浴:SPF50

シミや日焼けを気にされる方は、普段でもSPF50じゃないと不安に感じるでしょう。
しかし、SPF50というのは、日常生活では必要のない数値なんです。

毎日、SPF50といった高い数値の日焼け止めは必要ないんですね。

毎日使える、日焼け止めSPFの値としておすすめは

「SPF20〜30」

「SPF20」もあれば、普段の紫外線をしっかり防いでくれます。
しかもお肌への負担が少ないので、毎日でも安心。

日差しが強く、少し不安な日であれば「SPF30」もあれば十分です。

日焼け止めは「肌への負担」と「紫外線対策」のどちらを優先すべきか?

SPF50の必要性
日焼け止めとお肌の関係について考えた時、2つのポイントがあります。

  • 紫外線による肌への負担
  • 日焼け止めによる肌への負担

どちらがより肌への負担となるのか?
それは比べるまでもなく「紫外線」による肌へのダメージです。

美肌を目指すのであれば、最優先で考えるべきは「紫外線対策」

日焼け止めの肌への負担をさけるあまりに、日焼け止めをサボってしまうのは本末転倒です。

いまは肌に優しい成分が配合された日焼け止めが数多く販売されています。
以前ほど、日焼け止めが肌に与える悪い負担を心配する必要はないんですね。

紫外線の強い時期にまず優先すべきは「紫外線対策」です。

SPFを使い分けることが大切

日常生活と、炎天下での屋外活動とでは最適な日焼け止めは違います。
屋外での活動時間や出かける場所。
そして、行動内容によってSPFを使い分けることが肌の負担を減らします。

実際、SPF30を超えると、紫外線カット効果はほとんど変わらないといわれています。
安心してSPFの数値を下げても大丈夫なんです。

SPF50の日焼け止めを使っていれば、どこでも安心!
という考えから、使い分ける考えに切り替えていきましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めの「SPF50」の意味とは

SPF50とは
日焼け止めに記載されているSPFとは
サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略です。
「紫外線防御指数」とも呼ばれています。

シミや肌が赤く焼ける原因となる、紫外線B波(UV-B)を防ぐ数値となります。
SPFは「紫外線によるシミを防ぐ効果の高さ」を表したものと考えると分かりやすいですね。

SPF50の効果時間

SPF50の効果時間
紫外線を浴びてから、肌に影響が出るまで約20分と言われています。

● SPF50の日焼け止めを塗った場合
20分 × 50 = 1000分
紫外線から肌を守ってくれることになります。

しかし、この数字はあくまで理論値です。
実際の環境では、汗をかいたりして日焼け止めは落ちてしまいます。
また、日焼け止めの効果自体も、塗ってから時間が経つにつれて弱まっていくものです。

そのため、2〜3時間おきの塗り直しが推奨されているんですね。

SPF50+の+(プラス)とは

SPF50+とは
現在の日本ではSPF値の上限を50までと規定されています。
そのため、SPF60や70といった表示はありません。

以前は、SPF100といった商品もありました。
しかし、日本国内の紫外線量であれば、SPF50で十分。
それ以上の数値は、必要性がありません。

SPF50を超えるものには、50+という表記で統一されています。

肌が弱い人の日焼け止め選びと使い方

肌が弱い人の日焼け止め選び

SPFの高い日焼け止めを塗ると、肌荒れを起こしてしまう方もいらっしゃいますよね。

かといって、日焼け止めを塗らないと、肌が弱い方はすぐに赤くなってしまう。

悩まれている方が多いと思います。

そんな肌が弱い人は、SPFが低めの日焼け止めを重ね塗りをするのがおすすめです。

SPF10〜20くらの日焼け止めなら、肌への負担はかなりおさえられます。

低いSPFを厚めに塗って、塗り直しをこまめにするのがコツです。

注意して頂きたいとのは、SPFが低いぶん、短時間で効果が薄れてしまうこと。
そのため、普段よりも塗り直しの回数を意識しましょう。

「夕方の紫外線!日焼けするほど紫外線量が多い!」の記事内でも注意するように解説をしていますが、紫外線は曇りの日でも、夕方でも肌に降り注いでいます。

目に見えないので、つい油断してしまうんですよね。

日差しがないからといって、くれぐれも油断しないように!
日焼け止めを活用して、しっかりお肌を守ってください。

日焼け止めを重ね塗りして、こまめな塗り直しをすることで、SPFが高い日焼け止めと同程度の効果が得られます。

日焼け止めSPF50は肌に悪い?まとめ

以上、日焼け止めSPF50は肌に悪いのかについて、毎日使えるおすすめのSPFの値などをご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか。

  • 日焼け止めSPF50は肌に負担がかかり悪いのは事実
  • 毎日の日常性で使えるおすすめの日焼け止めは「SPF20」
  • 肌が弱い方は「SPFが低めの日焼け止め」を重ね塗りするのがおすすめ

お肌に大きな負担をかけてまで
必要以上に高いSPF値の日焼け止めを、毎日の日常生活で使うことはないんですね。

場面に適した日焼け止め選びと、使い分けが重要です。

紫外線は、確実にお肌を老化させてしまう危険な存在。

いま正しい日焼け止め対策をすることが、未来の美肌を作る一番の方法です。

美白化粧品や美容液でスキンケアをする以上に、日焼け止め対策をしっかりしていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事