肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

夜用美容液を朝もつけてはダメな理由とは?日中に逆効果の危険性!

美容液夜用の使い方

夜用美容液を朝もつけたりしていませんか?

  • 美容液の効果を高めたいから、朝もつけているけどダメなの?
  • 夜用美容液を朝もつけると逆効果って本当?
  • 美肌も目指して美容液を一日中つけたいけど意味がない?

シミやシワといった肌の悩みは、一刻も早く解消したいですよね。
そのため「夜用美容液」を朝のスキンケアでも使ってしまっている人がいます。

「えっ!ダメなの??」

美容液の効果を高めたくて、朝も使ってしまう気持ちはよく分かります。
けれど、夜用の美容液を朝もつけると、逆効果になってしまうことがあります

今回は、夜用の美容液を朝に使ってはいけない理由をご説明します。

夜用の美容液は、朝もつけてはダメな理由

夜用の美容液は朝もつけてはいけない
スキンケア商品の中で、最も成分濃度が高いのが美容液です。
高濃度なため効果的で、美肌のためには心強い味方となってくれます。

しかし、効果が高いぶん、正しい使用方法を守らないと、逆効果になってしまうので注意が必要なんです。

美容液に「夜用」と記載されている理由とは?

夜用の美容液について
美容成分が濃縮された、夜専用の美容液は人気がありますよね。
寝ている間に理想のお肌に近づけてくれます。

夜はお肌が最も安定している状態です。
メイクや紫外線といった、外部からの刺激がありません。
肌の体温も安定していて、汗をかくことも少ないです。

夜は美容成分がお肌をケアするのには、絶好のチャンスとなります。
シミやシワといったお肌の悩みを解決する有効成分が、最大限に効果を発揮してくれます。

夜専用の美容液は「肌が安定した状態になる夜」を想定して作られているんです。
夜専用と記載されているのには、ちゃんとした理由があるんです。

夜用の美容液は「日中に逆効果」の危険性がある

美容液の危険性
夜用の美容液を朝に使ってはいけない理由。

それは、夜専用の化粧品が日中に悪さをする可能性があるからです。

先ほど説明したように、夜の安定した環境を前提として作られています。
日中の紫外線を浴びることは想定されていないんですね。

「そんな夜用の美容液を、朝に使ってしまうとどうなるか?」

紫外線によって、美容液が化学変化を起こしてしまう危険性があるんです。
どのような変化がお肌の上で起こるのか想定できないのは怖いことですよね。
その変化が、お肌に悪影響を与える危険性は大いにあります。

● 紫外線によって変化する成分
レチノールという成分をご存知ですか?
アンチエイジングのための美容液によく配合されている有名な成分です。
シワやたるみを解消するために、使用されている方も多いと思います。
このレチノールは、紫外線が当たることで、不安定になる性質を持っています。
そのため、夜用の美容液として販売されているんです。

肌の悩みをなるべく早く解消したい気持ちで、日中もつけてしまう・・・
常に化粧品の効果を得られれば、治りも早くなると思ってしまいますもんね。
四六時中つけたい気持ちは大変によく分かります。

しかし、その使用量や使用方法を守ってこその美容効果です。
場合によっては、逆効果となって、余計に悩みが深いものとなってしまう恐れもあります
必ず商品に記載されている容量用法を守って、正しく使いましょう。

「朝用の化粧品」を夜に使用するのもダメ

朝用の化粧品は夜につけてはいけない
これまで夜用の美容液に関しての注意事項を説明してきました。
それでは逆に「朝専用」の化粧品を夜に使うのはどうなのでしょうか?

答えは明らかですよね。
「朝専用」の化粧品を、夜に使うのもやめましょう

朝専用といったら、化粧水や乳液が多いですね。
忙しい朝、メイク時間をなるべく短縮できるよう設計された便利な商品です。
その中の便利機能の一つが「紫外線対策」です。
UVカット剤が含まれていて、日中の日焼け防止をサポートしてくれます。

UVカット剤というのは、肌に負担がかかる成分です。
それを夜につけてしまったらどうでしょうか?

せっかくクレンジングと洗顔をした素肌。
キレイな状態となった素肌に、負担のかかる余計な成分をつけてしまうなんて。
せっかくの夜のスキンケア効果が、台無しになってしまいます

お肌を休めるどころか、酷使することになりかねません。
朝専用のものは、夜に使うのは避けましょう。

夜用美容液を朝もつけてはダメな理由まとめ

夜用美容液の使い方
以上、夜用美容液を朝もつけてはダメな理由に関して、日中に逆効果になってしまう危険性などをご紹介してきました。
いかがだったでしょうか?

  • 夜用の美容液は「肌が安定した状態になる夜」を想定して作られている
  • 夜用の美容液は「日中には悪影響の危険性」がある
  • 朝用の化粧品を夜に使用するのもダメ

より効果を得たいと、長時間つけたい気持ちはわかります。
しかし、化粧品はただつければ効果があるというわけではありません。

間違った使用をすれば、お肌に逆効果になってしまうことを忘れないでください。

やはり、専用のものは適したタイミングで使うからこそ、その効果を最大限に発揮してくれます。
用量と用法をしっかり守って、正しい使用方法で美肌を目指しましょう!

スポンサーリンク

関連記事