キレイにナルをお届けする美容サイト
menu

KIREInaru

【プチ断食で美肌効果!?】16時間断食の正しいやり方をご紹介

顔のシミの悩みを取り消す

プチ断食「16時間断食」の正しいやり方とは?

1日断食「プチ断食に美肌効果があると聞きました。本当にプチ断食に科学的な根拠はあるのでしょうか?流行りの「16時間断食」のやり方もぜひ教えていただきたいです。」

このような、プチ断食についての疑問に
美容のプロがお答えします。

  • 本記事の内容
  • ノーベル賞を受賞した断食の効果が凄い!
  • プチ断食(16時間断食)の正しいやり方
  • 断食を難しく考えすぎないことが大切

プチ断食、流行っていますよね。

正直な話、以前の私は「断食」という言葉に懐疑的でした。

宗教的な行事をイメージしてしまって、科学的な根拠に欠けると考えていたからです。

食べるのをひたすら我慢する、精神的な修行というイメージ。

もちろん、食べないのですから、痩せますよね。

しかし、そんな痩せ方は美容的には賛成できないと思っていました。

ところがです!

近年の様々な研究で、科学的に多くの美容効果があることが分かってきたんです。

いまでは、私自身もプチ断食(16時間断食)を生活に取り入れています。

今回は、美肌効果にもつながるプチ断食(16時間断食)をご紹介していきますね。

ノーベル賞を受賞した断食の効果が凄い!

プチ断食の効果

まずは、断食の科学的な根拠から簡単に説明させてください。

大隈博士が「断食の効果」に関して、世界的な大発見をします。

その功績で、2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞されました。

ノーベル賞って、凄すぎますよね!

博士の大発見というのが「オートファジー」という体内の仕組みです。

「オート(自ら)」+「ファジー(食べる)」

「自らを食べる」なんて、ちょっと怖い言葉に聞こえるかもしれませんが。

オートファジーを簡単に説明すると

体内のいらなくなった細胞をリサイクルして、新しい細胞にしてくれる仕組みです。

つまり

体の中がキレイに掃除される

ということなんです。

ここからが本題。

「オートファジー」を活性化させる条件とは?

その答えは

空腹状態が、オートファジー活性化の条件です。

つまり

「断食」によって「オートファジー」が活性化されます。

断食というとダイエットばかりに目がいってしまいますが、美容面でも科学的な根拠があったんですね!

体内に溜まった古い細胞を分解して、新しい細胞を生み出してくれる。

お肌のターンオーバーは、まさにお肌の細胞の生まりですからね。

断食が美肌につながる理由

  • マウス実験で、肌のコラーゲン量が増えて、保湿機能がアップ
  • 血液がサラサラになる
  • 体内の老廃物を排出するデトックス
  • 睡眠の質が上がる
  • 腸内環境の改善
  • 体内の炎症を抑えて老化を防ぐ(エイジングケア)

それでは、

断食の効果を得るためには、どれくらいの時間食べるのを控える必要があるのでしょうか?

16時間の断食で良いんです!

ここからは、私も実践している「16時間断食」のやり方をご紹介していきますね。

プチ断食(16時間断食)の正しいやり方

プチ断食(16時間断食)の正しいやり方

断食と聞くと、色々と難しいルールがあるイメージがありますよね。

一つでもルールを破ると効果が半減してしまう!といったような……

しかし、実際は簡単にできるんです。

先ほど説明をした「オートファジー」を活性化させる条件を満たせばいいだけ。

おすすめのプチ断食のやり方は

16時間食べない時間を作る

3日間の断食道場などといったような、極端なことをしなくても良いんですね。

「16時間も食べないなんて無理!」

なんて思われた方がいらっしゃるかと思いますが大丈夫!

「就寝中を含めた16時間」食べない時間を作れば良い!

これならそれほど無理をしなくても、実践できそうに感じませんか?

【簡単】プチ断食(16時間断食)の正しいやり方

プチ断食(16時間断食)の正しいやり方

私が実践している、プチ断食(16時間断食)はこうです。

私はいつも22時頃に就寝します。
そして朝は6時に起きます。

これで

就寝中の8時間は断食したことになります。

目標の半分の時間は、もう達成していますね。

残りの8時間をどうするか?

それは18時ごろに早めの夕食をとることで

就寝前に4時間の断食

朝起きてから、すぐに朝食をとらずに10時頃に食べることで

起床から4時間の断食

つまり

就寝前4時間断食
   +
就寝中8時間断食
   +
起床から4時間断食
   =
合計で16時間断食

このシンプルな習慣にするだけで「18時〜翌朝6時」まで「16時間断食」が自然とできてしまうんですね。

言い方を変えると

私が1日のうちに食べて良い時間は「10時〜18時」の「8時間」

ということになります。

とはいっても、空腹を感じるのは、夕方から寝るまでだけ。

慣れてくると、辛い空腹感はなくなります。

それどころか、お腹が鳴ると

「いまオートファジーが活性化しているな!」とポジティブに思えるほどです。

日中の「食べても良い8時間」は、好きなものを食べています。

プチ断食(16時間断食)が習慣になると、余計な食欲がなくなってドカ食いしなくなりますよ。

私の16時間断食(プチ断食)を簡単にまとめると

・10時~18時までの8時間は、自由に食べて良い。

・18時~翌日10時までの16時間は、固形物は口にせずに、ノンカロリーの水分以外は摂らない。

人それぞれで、生活習慣が違うと思いますのでスケジュールは変わってくると思います。

重要なのは「16時間の空腹時間」を作ることです。

とてもシンプルですよね。

皆さんの毎日の生活の中に、上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。

断食を難しく考えすぎないことが大切

断食を難しく考えすぎない

先ほどの「16時間断食」のやり方をご紹介しましたが、とてもシンプルで簡単でしたよね。

断食ビジネスが流行っているので、断食という行為を難しく考えすぎな風潮があるように感じています。

場合によっては、断食用の商品を売るためにプログラムが組まれていたりしますから。

「断食は3日以上必要」

「断食には準備期間が必要」

「準備期間に飲むのはこの商品」

「断食後に体を戻すためにはこの商品」

などなど。

もちろん、色々な健康法がありますし、それを否定する意図はありません。

ただ私が言いたいのは

「断食を難しく考えすぎない」ということです。

私がこの記事でいっている断食は、体内の「オートファジー」を活性化させること。

普段の生活に気軽に取り入れることのできる習慣です。

「3日以上続けないといけない!」とか

「毎日継続しなければいけない!」とか

そんなスパルタな行為だけが断食ではありません。

プチ断食は、実践できる日に、気軽に取り入れてみる程度の考えからスタートできるものなんですね。

プチ断食(16時間断食)の正しいやり方まとめ

プチ断食(16時間断食)の正しいやり方
以上、プチ断食について、16時間断食の正しいやり方をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

16時間断食(プチ断食)の簡単なやり方

・10時~18時までの8時間は、自由に食べて良い。

・18時~翌日10時までの16時間は、固形物は口にせずに、ノンカロリーの水分以外は摂らない。

断食について、以前の私は誤解していました。

ひたすら食べるのを我慢する修行のようなイメージ。

しかも科学的な根拠のないものだと考えていたんですね。

しかし「オートファジー」という、ノーベル賞を受賞するほどの科学的な根拠があることを教わります。

また、プチ断食という「16時間の空腹時間を作るだけ」というシンプルな方法を知ります。

実体験として、プチ断食(16時間断食)を実践してから身体の調子はとても良いです。

もちろんお肌の調子が上がったことも実感できるほど。

やりはじめは、夜の空腹感がツラくなることもありました。

しかし、オートファジーの効果を頭で理解することで、断食は苦行ではなくなりました。

以前は、食べるのを我慢するという受け身の意識でしたが

今は、体の中をリサイクルして古くなった細胞を新しく生まれ変わらせるという攻めの意識となりました。

今後も、プチ断食(16時間断食)を習慣にして、若々しい身体とお肌作りをしていきたいですね。

● あわせて読みたい
肌をきれいにする「良い食べ物・飲み物」のおすすめブログ記事まとめ

● いますぐ毛穴の悩みを解決したい方に読まれている記事
【毛穴の開きを治すには?】毛穴開きの原因を改善する3つの方法

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール

えりか

✿ 会員制の女性専用エステサロンを経営しています。 長年、美容業界に携わってきた経験と知識を活かして、美容コンサルタントとしても活動中。 ブログで美容情報を発信しています。

> プロフィール
> プライバシーポリシー
> お問い合わせ