肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【美白サプリと飲む日焼け止めの違いとは?】肌を白くする効果はどちら

絶対日焼けしない方法

美白サプリと飲む日焼け止めはどちらが肌を白くするのか?

日差しが強い季節は、日焼け止め対策を強化したいですよね。

日頃から日焼け止めを塗って気をつけているのに焼けてしまう。

塗るタイプだけの日焼け止めだけでは、紫外線の強い季節は不十分になってしまうから。

徹底した日焼け対策を実践する方たちの中で必需品となっているのが

  • 美白サプリ
  • 飲む日焼け止め

この2つの違いとはどのようなものなのでしょうか?

今回は美白サプリと飲む日焼け止めの違いをご紹介します。

美白サプリと飲む日焼け止めの違い

白い肌を保つという意味では、美白サプリと飲む日焼け止めの目的は一緒です。

決定的に違うのは、その目的です。

二つの違いをみていきましょう。

美白サプリは「肌を白くする目的」

紫外線によるダメージを内側から回復する目的。

美白サプリには、日焼けを予防する効果はありません。

美白サプリを飲んでいても、紫外線を浴びてしまえば当然日焼けをしてしまいます。

予防効果よりも、現状の改善を目的としています。

メラニンの生成をおさえることで、濃くなってしまった肌を白くしたり。

色素沈着を改善して、シミを薄くしたりします。

現状の肌を白くしていくのを目的としているんですね。

飲む日焼け止めは「白い肌を守る目的」

紫外線のダメージによる日焼けを防ぐ目的。

飲む日焼け止めを摂取することで、日焼けが予防できます。

飲むことで肌を白くする効果はありません。

飲む日焼け止めだけでは、強い紫外線から肌を守りきるのは難しいです。

塗る日焼け止めでしっかり紫外線対策をして、その補助的な役割で使うことをおすすめします。

紫外線が強い季節は、塗るタイプの日焼け止めだけだと不安な日ってありますよね。
そんな時は飲んでおくと安心です。

完璧な日焼け対策をしたいなら?

日焼け対策の最も基本で、そして重要なのはやはり「塗るタイプの日焼け止め」です。
紫外線を肌から守る効果が一番高いですね。

しかし、塗るタイプには欠点も多いです。

  • 塗る手間
  • 塗れていない箇所は無防備
  • それ自体に美白効果はない
  • 塗り直しが必要

このような欠点を補ってくれるのが「飲む日焼け止め」や「美白サプリ」になります。

完璧な日焼け対策を目指すのであれば

しっかりと日焼け止めを肌にしっかり塗って、飲む日焼け止めを摂取。

そして美白サプリによって、内側からの美白ケア。

ここまでできれば、日焼け対策はかなりの効果があります。

美白サプリと飲む日焼け止めの違いまとめ

以上、美白サプリと飲む日焼け止めの違いについてご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • 美白サプリは「肌を白くする目的」
  • 飲む日焼け止めは「白い肌を守る目的」

2つの大きな違いは「目的」でした。

現状の肌を美白したいなら「美白サプリ」

白い肌を守りたいなら「飲む日焼け止め」

ということになります。

目的に応じて、使い分けていきましょう。

紫外線の強い季節は、屋外でのイベントが多いですよね。

海やプール、長時間の屋外活動にでかける日は、いつも以上の日焼け対策をする必要があります。

紫外線には、かなり気をつけていたのに、帰ったら肌が赤くなっていた・・・
なんてことがよくあります。

そんなうっかり日焼けを防ぐためにも、「飲む日焼け止め」や「美白サプリ」を活用してみてはいかがでしょうか。

毎日のスキンケアで、綺麗な白い肌作りを強化したいのであれば、美白化粧品は欠かせません。

けれど、納得のいく美白化粧品を探すのって大変ですよね。

美白化粧品選びで悩まれている方は

「【美白効果の高い化粧品とは?】知っておくべき美白化粧品おすすめ3選」の記事内で、美白化粧品選びで大切なポイントや、おすすめの美白化粧品をご紹介しています。

日頃の美白ケアをより強化したいとお考えの方は、良ければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事