キレイにナルをお届けする美容サイト
menu

KIREInaru

日焼けの悩みに白黒つける!【日焼け止め・ケアおすすめ記事まとめ】

日焼けの悩みに白黒つける

日焼けの悩みを解決するおすすめ記事まとめ

日焼けの悩みに関するブログ内の記事をまとめました。

それでは、下記よりご覧ください。

日焼けに悩んでいるときに読みたい記事

【紫外線が多い時間帯とは?】紫外線量がピークとなる時間と時期

日差しが強い季節になると、要注意なのが「紫外線」です。
シミの原因となる、美白肌にとっては大敵となる存在。
日焼けをしてしまったら、これまでの美白ケアが台無しです。
何よりも恐ろしいのが、肌老化への影響。
肌を老化させる原因の、なんと8割が紫外線なんです。
肌をいつまでもキレイに保つためにも、紫外線量について知っておきましょう。

詳しくは⇒ 【紫外線が多い時間帯とは?】紫外線量がピークとなる時間と時期

【絶対日焼けしない方法とは?】日焼け対策を徹底する秘訣

キレイな肌作りを目指すなら「日焼け」は大敵です。
お肌を汚くしてしまう、シミ・しわ・たるみなどの原因の8割が、紫外線と言われています。
日焼けは、肌年齢を大幅に老けさせてしまう恐ろしい存在なんです。
徹底的に日焼け対策をして、肌の老化を予防しましょう。
日焼け対策をしっかりすればするほど、いつまでも若々しい肌を保つことができるんですね。
この記事では、絶対に日焼けしないための、徹底した紫外線対策を紹介しています。

詳しくは⇒ 【絶対日焼けしない方法とは?】日焼け対策を徹底する秘訣

【夕方の紫外線対策】夕日は日焼けするほど紫外線量が多い!

日差しが強い日中の日焼け対策には、皆さん気をつけていると思います。
日焼け止めを塗って、日焼け対策もバッチリのはずが
「なぜか日焼けしてしまった・・・」
「シミが濃くなった・・・」
こんな経験はありませんか?
実はその原因が「夕方の紫外線」なんです。
「えっ!?夕方なら日焼けの心配はないでしょ?」
なんて驚かれたかもしれません。
しかし、その考えは大間違いなんです!
実は「夕方の紫外線量は、日焼けするほど強力」なんですね。
この記事では、夕方の紫外線量の多さと、何時までが危険なのかをご紹介しています。

詳しくは⇒ 【夕方の紫外線対策】夕日は日焼けするほど紫外線量が多い!

【日焼けしやすい時間帯とは?】どれくらいで焼けるか!黒くなるまでの時間

夏になると屋外でのイベントが増えますよね。
海やレジャーに行って楽しむ方も多いことでしょう。
アウトドアイベントで注意したいのが「日焼け」です。
一生懸命に美白ケアをしてきたのに、1日の油断で台無しになることも・・・
そんな大失敗を防ぐためにも
「日焼けして、黒くなるまでの時間」
「日焼けしやすい時間帯」
を知っておきましょう。

詳しくは⇒ 【日焼けしやすい時間帯とは?】どれくらいで焼けるか!黒くなるまでの時間

【日焼け後のケア】うっかり日焼けしてしまったら美白ケア対処法

紫外線の多い季節の失敗といえば「うっかり日焼け」
少しの油断で、肌を黒くしてしまうことってありますよね。
早急に、日焼け後のケアをしたいものです。
シミやソバカスを増やさないための美白ケアを早めにできるかどうか?
それによって、日焼け後の肌へのダメージが違ってきます。
この記事では、うっかり日焼けしてしまった後の美白ケア対処法ついてご紹介しています。

詳しくは⇒ 【日焼け後のケア】うっかり日焼けしてしまったら美白ケア対処法

【日焼けしにくい肌にする方法】焼けやすい肌質の人がやるべき対策

肌質の違いで「日焼けしやすい人」と「日焼けをしにくい人」がいます。
白い肌が理想的とされる現代では、日焼けしやすい肌質の人は悩みが多いことでしょう。
美白ケアを頑張っても、すぐに肌の色が濃くなってしまう。
白い肌を目指すのも大変なのに、すぐに焼けて濃くなって台無し・・・
そこでこの記事では、日焼けをしやすい肌質の方の日焼け対策方法をご紹介しています。

詳しくは⇒ 【日焼けしにくい肌にする方法】焼けやすい肌質の人がやるべき対策

【日焼けアフターケア】シミが心配!うっかり日焼けの応急処置

日頃から、日焼けには特に気をつけているのに
「うっかり日焼けをしてしまった・・・」
こんな大失敗をしてしまった経験はありますでしょうか。
真っ赤になってしまった肌を見て、ショックで泣きそうになった経験は私にもあります。
「顔にシミが残ったら、どうしよう・・・」
どれだけ後悔したとしても、時間は巻き戻せません。
日焼け後にやるべきアフターケアがあります。
うっかり日焼けしてしまったら、直後のケアがとても重要なんです。
この記事では、日焼けをしてしまった後のアフターケアについて解説していきたいと思います。

詳しくは⇒ 【日焼けアフターケア】シミが心配!うっかり日焼けの応急処置

【日焼けしやすい体質は改善できる?】日焼けしやすい人がやるべき原因へのケア

日焼けしやすい体質で、悩んでいる方は多いです。
美白ケアを毎日頑張っても、日差しの強い季節になると焼けて台無しになってしまう。
一年を通して、キレイな白い肌でいられるように!
日焼けしやすい体質だからこそ、対策を実行していきましょう。
この記事では、「日焼けしやすい人がやるべき」3つのスキンケア方法をご紹介しています。

詳しくは⇒ 【日焼けしやすい体質は改善できる?】日焼けしやすい人がやるべき原因へのケア

【日焼けで肌が老化!?】嘘でしょ!肌老化の原因は「8割が紫外線」

日焼けを習慣的にしている方は要注意!
なぜなら、日焼けは肌の老化を一気に加速させるからです。
その理由は、日焼けよる「光老化」が深刻な問題だから。
光老化は肌老化の原因のうち、なんと8割にもおよぶほど大きな影響があります。
「嘘でしょ!?そんなに肌を老化させちゃうの!」
ショックを受けた方もいらっしゃるでしょう。
言い換えれば、自然な老化はたったの2割ということです。
お肌を老化させてしまう原因の大部分が「日焼けによる光老化」なんですね。
この記事では、日焼けによる肌老化の危険性についてご紹介しています。

詳しくは⇒ 【日焼けで肌が老化!?】嘘でしょ!肌老化の原因は「8割が紫外線」

【日焼け後のケアとは?】黒くならない!シミにならない!美白ケア対策方法

「ついうっかり日焼けをしてしまった!」なんて失敗ありますよね。
赤くなった肌を見て、後悔しまくりです・・・
このまま放っておいたら、肌は黒くなって、しかもシミにでもなったら。
「この日焼け、無かったことにしたい!」
こんな悲痛な思いをこれまで何度したことか。
もし日焼けをしてしまったら、その後の美白ケアが重要なんです。
この記事では「日焼けしたあと、黒くなりたくない!」方のための、美白ケアを解説しています。

詳しくは⇒ 【日焼け後のケアとは?】黒くならない!シミにならない!美白ケア対策方法

日焼止め選びやケアに悩んでいるときに読みたい記事

【日焼け止めSPF50は肌に悪い?】毎日使えるおすすめのSPFはコレ

美白肌を手に入れるためには、日焼け止めは欠かせません。
シミや肌老化の大きな原因となる日焼けは、もっとも防がなければいけない美肌の大敵!
日焼け対策は、美肌作りの中で最も大切なケアです。
そこで悩むのが「日焼け止め選び」ですよね。
あなたはどのような基準で「日焼け止め」を選んでいますか?
一般的に「SPF」の数値を気にされている方が多いです。
SPF50の日焼け止めなら、安心感がありますもんね。
けれど、心配なことが一つあります。
毎日、SPF50の日焼け止めを塗っていては肌に悪いんじゃないのか!?
この記事では、日焼け止めSPF50の疑問を解消して、安心して正しく紫外線対策ができるように情報を紹介しています。

詳しくは⇒ 【日焼け止めSPF50は肌に悪い?】毎日使えるおすすめのSPFはコレ

【SPF数値の意味とは?】SPFを正しく知って日焼け止めを選ぶ!

日焼け止めを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?
多くの人が「SPF」の数値を気にされているのではないでしょうか。
SPFの数値が高いほど、効果のある日焼け止めというイメージがあるからでしょう。
しかし「SPF数値が高い日焼け止めの方が良い」という固定概念が、日焼け止め選びの落とし穴でもあるんですね。
ただSPFの数値が高ければ良いというわけではないからです。
この記事では、SPFの本当の意味を知って、正しい日焼け止めの選び方を知るための情報をまとめています。

詳しくは⇒ 【SPF数値の意味とは?】SPFを正しく知って日焼け止めを選ぶ!

日焼け止めだけでも、クレンジングは必要!理由をご紹介します

最近の日焼け止めは、軽いものが多いですよね。
塗っていても、それほど気になりません。
そのため、ついそのままにしてしまいがちです。
クレンジングをしないで肌に残ってしまった日焼け止めが「肌トラブル」を引き起こすことに。
この記事では、日焼け止めだけでもクレンジングが必要な理由を紹介しています。

詳しくは⇒ 日焼け止めだけでも、クレンジングは必要!理由をご紹介します

【日焼け止め塗る順番】正しい順番は化粧下地の前です!

美白肌の大敵となるのが「日焼け」です。
せっかく毎日一生懸命に美白ケアしても、たった1日で台無しにしてしまう恐い存在。
理想的な白い肌を実現するためには、日焼け止めは必須アイテムです。
面倒ではありますが、日焼け対策を頑張っている方は多いと思います。
それなのに「日焼けして、肌が黒くなってしまった・・・」このような声を多く聞きます。
その理由は、日焼け止めを正しく塗れていないからです。
塗る順番を間違えていたり、適切な量を使えていない方が多いんですね。
日焼け止めは正しく塗らないと効果は半減してしまいます。
この記事では日焼け止めの正しい塗る順番・塗り方についてご紹介しています。

詳しくは⇒ 【日焼け止め塗る順番】正しい順番は化粧下地の前です!

【日焼け止め塗り直しできない人へ】メイクの上から塗り直し方法

「日焼け止めは、こまめな塗り直しが必要!」
そんなこと、分かってはいるんですよね。
「シワやたるみといった肌老化の原因は、8割以上が紫外線」
なんて恐ろしい話を聞かされたら、日焼け止めの塗り直しが、どれだけ重要なことか再認識させられます。
とはいえ「日焼け止めの塗り直し」が、そんな簡単にはできないから苦労しているんです。
特に日中はお化粧をしているので「日焼け止めの塗り直し」がとっても大変!
日焼け止めを塗り直すたびに、メイクをその都度落とすことなんて不可能ですから!
そこでこの記事では、メイクの上から簡単にできる「日焼け止めの塗り直し方法」をご紹介しています。

詳しくは⇒ 【日焼け止め塗り直しできない人へ】メイクの上から塗り直し方法

シミ予防に日焼け止めで対策してるのに、シミができる原因とは?

毎日、日焼け対策を徹底しているのにシミができてしまった・・・
こんな経験をして落ち込んだ経験は誰しもあるのではないでしょうか。
どれだけSPF値の高い日焼け止めを塗っても
日焼け止めをこまめに塗り直しても
どうしてもシミができてしまう・・・
頑張ってケアしても、一体なぜシミができてしまうのでしょうか?
この記事では日焼け止め対策しているのにシミができる原因について解説しています。

詳しくは⇒ シミ予防に日焼け止めで対策してるのに、シミができる原因とは?

「飲む日焼け止め」と「美白サプリ」の違いを解説!

日差しが強くなる季節は、日焼け対策を強化したいですよね。
日焼け止めを塗っているのに、焼けてしまう・・・
こんなお悩みはありませんか?
そんな時に気になるのが飲む日焼け止めや美白サプリ。
徹底した日焼け対策を実践する方たちの中で必需品となっていますもんね。
ところで
・飲む日焼け止め
・美白サプリ
2つの違いとはどのようなものなのでしょうか?
この記事では、飲む日焼け止めと美白サプリの違いをご紹介しています。

詳しくは⇒ 「飲む日焼け止め」と「美白サプリ」の違いを解説!

※この記事での美白とは、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ。日やけによるシミ・そばかすを防ぐことをいいます。透明感とは、保湿により肌が潤うことをいいます。浸透とは、角質層までのことをいいます。

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール

えりか

✿ 会員制の女性専用エステサロンを経営しています。 長年、美容業界に携わってきた経験と知識を活かして、美容コンサルタントとしても活動中。 ブログで美容情報を発信しています。

> プロフィール
> プライバシーポリシー
> お問い合わせ