肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【手の甲のシミを消す方法とは?】目立つ手のシミ取り3つの消し方

頬のたるみ原因

手の甲のシミを消す3つの方法とは?

年齢肌の悩み手の甲のシミが増え、人に手を見られるのが気になって仕方ありません。おばあちゃんの手みたいで、シミのある手がきたなく見えてショックです。皮膚科ではなく、できれば自分で手のシミを取りたいと思っています。なにか手のシミを消す良い方法はありませんか?

このような、手のシミの悩みにお答えます。

  • 本記事の内容
  • 手の甲のシミを消す3つの方法
  • 手の甲の紫外線トラブルにおすすめのクリーム
  • 手のシミの原因と、シミの予防方法

手のシミって、すごく気になりますよね。
顔よりも意外と見られているのが手の甲ですから。

テレビで見る女優さんは、肌がとても綺麗です。
なのに、手がアップになって「うわっ!」と、年齢を感じてしまった経験があるかと思います。

いくら顔の肌を念入りにお手入れしても、手にシミが多く年齢が出ていると台無しです。
「顔のお手入れはしっかりしてきたけど、手の甲まではケアしていなかった」と言う方がほとんどです。

だからといって「もう手遅れ」なんてことは決してありません。
今からでも、しっかりと手のシミケアをすれば間に合うんです。

手の印象がパっと明るくなると、それだけで若々しい印象になれますよね。
手のシミケアをして、アクセサリーやネイルでお洒落を楽しみましょう。

手の甲のシミを消す3つの方法

手の甲のシミを消す3つの方法
本記事では、自宅でできる手のシミ取り方法をご紹介します。

手のシミ取りには、皮膚科でのレーザー治療という選択肢もあります。
しかし、簡単な決断ではないですよね。
手を洗ったり、入浴したり、炊事をしたりなど、毎日の生活で手を使うことは多いです。
そのため、レーザー治療後の生活にはしばらく支障がでます。
しかも一回で簡単にシミが取れるわけではなく、何度か通院する必要があり、費用もかかります。

まずは、自分でできる「手の甲のシミケア」を実践してみてはいかがでしょうか。
正しくケアすれば、より早く、そして確実に、シミを消す(薄くする)ことができます。

1.シミ原因が含まれる「古い角質」を取り除く

シミは紫外線ダメージによって蓄積された「メラニン色素」が肌に沈着してできます。
つまり、肌内部にメラニンが居座ってしまうことが原因。
そのため、メラニンを含んだ古い角質を取り除くことがシミ対策になります。

2.お肌のターンオーバーを促進して「シミ原因を排出」

シミの元となるメラニンを含んだ古い角質が溜まってしまうのは、肌のターンオーバーが乱れているためです。
肌のターンオーバーが正常であれば、メラニンは肌の外への排出されます。
肌の代謝機能が落ちると、メラニンを排出しきれずに、色素沈着をしてシミとなって肌に残ります。
お肌のターンオーバーを促進して、スムーズにメラニンを排出することがシミ対策になります。

3.保湿をして健康的な肌状態を作る

顔のお肌と一緒で、手にも保湿ケアはとても大切です。
手は体の中で、もっとも酷使する部位。

紫外線が当たりやすいですし、水仕事などで肌に負担がかかります。
保湿ケアをして、お肌を健康的な状態にしてあげることが大切です。

潤った肌状態は、お肌の再生能力も高まり、ターンオーバーがスムーズにもなります。
また保湿によって肌にハリがでると、手にシワもできにくくなりより若々しい印象となるんです。

手の甲のシミ用おすすめのアイテム

【ルミナピール】

顔用のピーリング商品は、数多く販売されていますよね。

ルミナピールは、「手の甲のシミ」に特化して開発された商品なんです。

発売直後から、手のシミに悩む方達から大評判となりました。

売れに売れすぎて、一時は、入手困難で最大で3ヶ月待ちになったほどです。

徹底的に手の甲の研究を重ね開発されたこだわりのジェル!

人の体というのは、部位によって皮膚の厚さや構造がまったく違います。
顔用の化粧品を、手に塗れば効果が出るというワケではないんですね。

ルミナピールは、手の構造に合わせて、成分が最適に働くように開発されています。

ポロポリピーリングで、手の印象をパっと明るくしちゃいましょう。

手の甲のシミケアは早ければ早いほど効果的

顔は毎日、鏡で良く確認するので顔のシミには敏感に気がつきます。

しかし、手のシミっていつの間にか増えてしまっているんですよね。

「あれ、私の手ってこんなにシミあったっけ?」

自覚した時には、手のシミが増え始めてしまっている状態。

だからといって、もう手遅れだと諦める必要はありません。

手のシミケアを真剣に実践してこなかった人がほとんど。
顔のシミほど気にならないので、放置してしまうんですよね。

シミケアは早ければ早いほど、実践した人から結果が出ます。

手の甲は、特に年齢を感じさせてしまう箇所です。

いつまでも若々しい綺麗な手でいられるように、今日から意識してシミケアをしていきましょう。

手の甲のシミの原因と、シミの予防方法

いくら手のシミケアを頑張っても、シミが再発してしまっては台無しです。

手の甲のシミの原因と、シミを増やさないための予防方法を知っておきましょう。

手のシミの原因は2つ

たいていは30代以降に、手のシミが増え始めます。

1.紫外線ダメージによるシミ

手にシミができる一番の原因が紫外線。
顔にできるシミと同じ原理です。
紫外線によるダメージが、肌に蓄積した結果シミとなってしまいます。

2.ケガによる色素沈着

手はケガをしやすい部位ですよね。
傷跡が色素沈着をして、シミとなって残ってしまうんです。

切り傷だけでなく、家事による「あかぎれ」や、冬の「ひび割れ」も色素沈着の原因となります。
手荒れしやすい方は注意が必要です。

手のシミの予防方法

手のシミを予防するために、もっとも大切なのが紫外線対策!
手は、とても日焼けしやすい部分です。

それにも関わらず、日焼け止めを塗り忘れてしまうことがよくあるので注意。
中には、腕には塗るけど、手の甲にまでしっかりと日焼け止めを塗る習慣がない方もいます。
これは要注意ですよ!

夏の紫外線が強い季節は、日焼け防止のアームカバーがおすすめです。
腕だけでなく、手の甲までしっかりガードできるタイプのアームカバーを選びましょう。

周りから大袈裟に見られるの嫌で、アームカバーまでするのに抵抗がある方がいらっしゃるかとは思います。

しかし、そんな他人からの目線を気にするよりも、未来の綺麗な手の方がよっぽど大切です。
いつまでも若々しい手と思われる方が嬉しいですよね。

手荒れに関しては、炎症した状態を放置しないことが大切です。
あかぎれやひび割れが慢性化してしまうと、それだけ手にシミができる可能性が高まります。

できるだけ早く、保湿クリームなどを塗って手のケアをしましょう。
あかぎれやひび割れが原因によるシミが残るリスクをおさえることができます。

手の甲のシミを消す方法まとめ

手の甲のシミを消す方法
以上、手の甲のシミを消す方法について、目立つ手のシミ取り3つの消し方をご紹介してきました。

顔のシミケアは多くの方が意識して実践しています。

ところが、手のシミとなるとこれまであまりしてこなかった方が多いです。

そのぶん、手のシミに悩む方が多いんですよね。

けれど、年齢を理由にあきらめてしまうのはもったいないです。

ケアをしてこなかったということは、いまからしっかりとケアをしていけば、そのぶん効果も実感できるということです。

いまからでも十分に間に合うので大丈夫ですよ!

今日から手のシミケアを始めてみませんか?
手のシミに悩まない、若々しい肌を手に入れて、ネイルやアクセサリーといったお洒落を楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連記事