肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【冬の乾燥フケの治し方とは?】乾燥フケに効くシャンプーおすすめはコレ!

乾燥フケの治し方

乾燥フケの治し方【3つのケア方法】とは?

乾燥フケの治し方「乾燥フケがひどく困っています。冬になると大きい大量のフケが出てひどい状態に。パラパラとフケが肩に落ちるので見た目も最悪です。なにか乾燥フケの良い治し方はありませんか?乾燥フケに効くシャンプーのおすすめも知りたいです。」

このような、乾燥フケの悩みにお答えします。

  • 本記事の内容
  • 冬の乾燥フケがひどくなる原因とは?
  • 冬の乾燥フケの治し方【3つのケア方法】
  • 乾燥フケに効くシャンプー選び方3つのポイントとは?

乾燥フケって、すっごく気になりますよね。

特に冬になると、大きい大量のフケがパラパラと肩に・・・

「ゴミがついてるよ」って言われて

大きいフケだったときのショックときたら(泣)

フケが肩についていると、一気に不潔な印象を持たれてしまいます。

なんとか乾燥フケを治そうとしても、なかなか改善でないんですよね。

乾燥フケを改善できない原因があります。
それは、これまでの乾燥フケの治し方が間違っていたからです。

この記事に書いている「乾燥フケの治し方」を実践していくだけで、あなたも効果を実感できるはずです。

乾燥フケの原因にしっかりとアプローチすることができれば、良い結果はでるんですね。

もう肩に落ちる乾燥フケに悩まされない、健やかな頭皮を手に入れて、快適な毎日を楽しみましょう!

冬の乾燥フケがひどくなる原因とは?

乾燥フケ原因

乾燥が原因のフケの特徴は、パラパラとした粉雪のようで、頭をかいたりすると肩などに落ちてきます。暗めの服を着ていると目立つので、スーツを着た人の肩にフケがついているのを見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。
これは頭皮が乾燥して角質が剥がれ落ちてできてしまったものです。これを「乾性フケ」と言い、1年の中でも特に冬に発生しやすくなります。
この「乾性フケ」の原因としては、冬の寒さや空気の乾燥など季節的な要因が大きいと言えます。冬は他の季節に比べると、空気が乾燥し湿度が低くなります。一般的に頭皮にとって最適とされている湿度は60〜65%ですが、徐々に寒くなり始める10月頃から春先くらいまで、湿度が60%以上になることはありません。さらに、冬になって寒くなると室内を暖めるために暖房をつけます。これによって空気の乾燥はさらに進み、場合によっては湿度が20%を下回ることもある程です。空気の乾燥は、頭皮の水分や皮脂を奪ってしまいますので、そのダメージからフケが発生します。

乾燥フケの治し方【3つのケア方法】

乾燥フケの治し方

冬の乾燥が原因で引き起こされる「乾性フケ」を改善するためには、保湿することがまず1番大切です。そして、それ以外にも頭皮の乾燥をエスカレートさせる原因としてあげられるのが毎日のシャンプーです。フケを発生させないように頭皮をいたわるためにも、シャンプーの方法には注意が必要です。
冬の乾燥は完全には防ぎきれないので、乾燥によってフケが発生しないようにするためには、毎日のケアで対策することが重要です。
そこで、冬の乾燥から頭皮を守るためのケア方法を3つご紹介します。

1.フケを治すシャンプーの仕方

【頭皮をいたわるシャンプー方法】
基本的にシャンプーするのは1日1回にしましょう。特にフケが気になると、シャンプーの回数を増やす人がいますがそれは逆効果になります。シャンプーによって地肌を洗い過ぎてしまうと、本来必要な水分や油分も落としてしまい、頭皮の乾燥を助長します。これではいくら保湿をしていても、意味がなくなってしまいます。
次にシャンプーでの洗髪の仕方ですが、洗う前にはまず“ブラッシング”や“すすぎ”などで髪の汚れをある程度落としてからシャンプーするようにします。そうすることで、シャンプーの量を減らすことができるので、頭皮の皮脂や水分が洗浄成分によって必要以上に奪われてしまうのを防ぐことができます。

2.フケ原因の乾燥を治す頭皮の保湿ケア

【オイルやローションを使って保湿】
頭皮も肌の1つなので、顔のスキンケアをするのと同じように乾燥したら保湿することが必要です。椿油やホホバオイル、アルガンオイルなどの天然のオイルを使用する事で、頭皮に刺激を与えることなく地肌を保湿することができます。天然オイルは頭皮だけでなく髪の毛にも使うことができます。ですので、1本あると髪と地肌の両方を一緒にケアすることも可能です。
オイル以外にも、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの保湿成分が配合されているローションを使うのも良いです。頭皮用のローションでなくても、普段のスキンケアに使っている化粧水に保湿成分が含まれてる場合にはそれを使用しても構いません。しかしその際に注意が必要なのが、アルコールなど乾燥を助長してしまう成分が含まれていないかどうかということです。化粧水にはアルコールが含まれていることも多いので、その辺りは注意して成分を確認してから使用するようにして下さい。

3.頭皮を健やかな状態に治すマッサージ

【マッサージで頭皮の血行促進】
頭皮をマッサージすることで、毛穴から皮脂が分泌されます。それの皮脂によって地肌がコーティングされると、その皮脂が頭皮を乾燥から守ってくれます。また、マッサージすると頭皮の血行促進にもなります。血行が改善されることによって地肌のターンオーバーも整い、角質がはがれにくくなりますのでフケの発生を減らすのにも効果的です。
マッサージする際に注意しなければいけないのが、頭皮を傷つけないということです。手でする場合には爪を立てないよう指の腹でマッサージするようにしましょう。ブラシなどの器具を使い場合には、強く力を入れ過ぎないように注意して下さい。

乾燥フケに効くシャンプー選び方3つのポイントとは?

フケをなくすシャンプー

冬の乾燥によって引き起こされるフケを治すためには、シャンプー選びも重要です。シャンプーには汚れを落とすために洗浄成分が含まれているため、頭皮にとって大切なものまで落としてしまう可能性があります。毎日の洗髪でシャンプーを使うという人がほとんどだと思いますので、合わないものを使っているとフケの症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。
そこで、シャンプーを選ぶ際のポイントについて3つご紹介します。

1.フケ原因となる頭皮への刺激成分が含まれていないシャンプー

【頭皮に刺激となる成分が含まれていない】
乾燥によってフケが発生してしまっているということは、頭皮が乾燥しバリア機能が失われている状態とも言えます。頭皮がとてもデリケートになっているので、少しの刺激でもダメージとなってしまう恐れがあります。ですので、刺激となる成分の配合されたシャンプーは避けるべきだと言えます。
頭皮に刺激となる成分としては、合成香料や防腐剤、合成色素や合成ポリマーなどがあげられます。これらの成分が含まれたシャンプーは、乾燥した頭皮には刺激となり、毎日使用することでフケが悪化する可能性があります。ですので、シャンプーを購入する際にはこれらの成分がなるべく含まれていないものを選ぶようにしましょう。

2.フケ原因の乾燥から頭皮を守るシャンプー

【頭皮を保護する成分が配合されている】
頭皮が乾燥していると、肌を守るために必要なバリア機能も失われています。このバリア機能が失われていると、空気の乾燥などのダメージをより受けやすくなってしまいます。ですので、この失われたバリア機能の代わりとなり頭皮を保護してくれる成分が含まれているシャンプーを選ぶと良いでしょう。
保護してくれる成分としてシャンプーによく使われているのが、植物性オイルやコラーゲン、ヒアルロン酸やトレハロースです。これらの成分でも特に天然由来のものであれば、刺激にもならないのでさらに安心して使用することができるのでおすすめです。

3.頭皮環境と整えるアミノ酸系シャンプー

【アミノ酸系のシャンプーを選ぶ】
シャンプーは洗浄成分で分けると高級アルコール系・石鹸系・アミノ酸系の3つがあります。店頭に並んでいる商品で1番多いのが高級アルコール系で、泡立ちやすく価格も安いため購入する人も多いです。しかし、これは洗浄力が高いため、乾燥した頭皮には刺激が強過ぎます。石鹸系は環境には優しいですが、高級アルコール系と同じく洗浄力が高い傾向があります。
これら2つに比べるとアミノ酸系は、泡立ちは悪いものの洗浄力は弱く刺激が少ないです。ですので、頭皮が乾燥しフケが発生している状態には、刺激が少ないので向いていると言えます。値段はそれ以外の2つに比べると多少高くはなりますが、乾燥フケが改善するまでの期間はこのアミノ酸系シャンプーを使用することをおすすめします。
この3つのことに注意してシャンプーを選ぶだけでも、頭皮の乾燥は収まりフケの発生が抑えられます。上記のことを参考にして、シャンプーを選ぶ際にはパッケージに記載されている成分を必ず確認するようにしましょう。

乾燥フケの治し方まとめ

乾燥フケの治し方

以上、冬の乾燥フケの治し方について、ケアの方法や乾燥フケに効くシャンプーおすすめポイントをご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • 頭皮をいたわるシャンプー
  • フケ原因の乾燥を治す頭皮の保湿ケア
  • 頭皮を健やかな状態に治すマッサージ

乾燥フケに悩んでいる方が多いワケとは。

しっかりと乾燥フケの原因をケアできていないケースが多いんですね。

中には、乾燥フケを治そうとして、間違った方法でケアをしてしまっている方もいます。

「シャンプーは使わずに湯シャンだけの方がいい」

「洗いすぎは良くないので、毎日シャンプーはしない」

などの極端なケアの方法をしてしまうと
頭皮環境を悪化させてしまう危険性があります。

乾燥フケを悪化させないためにも、頭皮環境を整える正しいケアを実践してみてください。

乾燥フケに悩まされない健康的な頭皮は自分で作ることができるんです。

肩に落ちる大量の乾燥フケを気にしない、快適な毎日を楽しみましょう!

スポンサーリンク